turiki-logo

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< れぽ【結果を残せ!三浦沖のカワハギ釣り】(小網代港・丸十丸)〜前編〜 | main | れぽ【プールでニジマス(としまえん)】 >>
2011.11.29 Tuesday

れぽ【結果を残せ!三浦沖のカワハギ釣り】(小網代港・丸十丸)〜後編〜

2011年10月某日…



沖釣り経験値の低い竹森と深谷D(チーム釣り記)にカワハギ釣りのお誘いがきた。

しかも賞品付の大会ときたもんだ!


☆大会ルール
・「総 合」:釣り上げた3匹の総重量で、上位3名が表彰。
・「大物賞」:最も大きなカワハギを釣った人が表彰。


《ポイントから見えた富士山!》


前回につづき、大会の模様をレポします。
果たしてカワハギを釣ることができるのだろうか??



●いざ出船!

港を出てからの波はすごかった!


《少ないながらも、修羅場は経験してきたつもりだったが…。》

聞けば、、
8月のシーズン開始以来、一番ひどい時化だそうだ(*_*)※出船不可を除き


5分も走らないうちにポイントに到着。




●釣り開始!

餌はアサリ。
木更津で獲ってきた良質なものらしい!
船長も「うちのアサリ餌は日本一」と語るほど、自信の代物だそうだ。


《たしかに今までとは違う感じがしたなぁ…》


久々のカワハギ釣りに心踊らせながら第一投。

着底して、糸フケをとり、名物のたたき釣り。

たたいて、たたいて、たたいて、糸張って待つ!


ブルルッ


アタリきた!!


あげてみると、、


トラギス〜(><)


《そっか、カワハギのアタリはこんな感じではなかったかも…》

カワハギではなかったが、魚が釣れたことに少し安心した。




●ポイント到着から9時

その後も釣れるのは外道のみ…。

他の参加者の方々も同じような状況。



こんなに厳しい状況だとは思わなかった…。


しばらくすると、、
「おーーッ」という歓声が聞こえた!


船中初めてのカワハギがあがった!!


しかし、ワッペンサイズ。


それでも、初のカワハギに船中の士気は上がった!




●9時から10時

やはり、神様は見捨てることはしない!
その後、カワハギをあげる人が増えた。

この男もその一人だった!


《最近、俺より先に深谷くんが釣ることが多くなったな‥‥》


ワッペンサイズが主だが、良型も混じりはじめ、至るところで歓声や驚きの声が聞こえるようになった。


そう、ただ一人竹森という男を除いては‥‥‥。




●10時から11時

僕は完全に焦っていた。

その気持ちを表すかのように、釣れるのはベラやトラギスばかり…。

左隣を見ると、既にカワハギを8匹釣っている。

右隣を見ると、深谷Dが針にアサリをつける途中で眠っていた。


……心中穏やかではなくなりつつある。


釣りを経験してきた者として、“こういう時の気持ちの保ちよう”を今こそ発揮せねば!!



グッグッグッ!



釣り開始から2時間強、ようやくカワハギをGET!!


《やはり神様は見てくれていた!》

さぁ、やっと勝負ができる!!




●11時から12時

その後、カワハギがポツポツと釣れ始めた。


《でも、ちょっとスタートが遅かったなぁ…》

この頃には、賞品は諦めて晩飯のことだけを考えていた。


《肝あえがどれくらい出来るかなしか考えていなかったなぁ…》




●非情のアナウンス

12時50分、船長からアナウンスが。

「けっこう厳しくなったので、あと30分であがりましょう。13時20分まで!」

しかし、その後は釣果も渋く、海況もきつくなってきた‥‥。




●三浦沖の奇跡

13時20分。

「じゃ、あと10分だけやりましょ!13時半になったら港に帰ります。」

船中の状況を不憫に思った船長からの、お情けの言葉。

ロスタイムといったところでしょうか‥‥‥



ゴッゴッゴッ!



今までとは違うアタリ、違う引き!!



きたー!



良型ーー(≧▼≦)


《奇跡の10分になった〜♪♪》

船長も「俺が10分延長したからだな」と言いつつ、共に喜んでくれました。




●三浦沖の奇跡2

釣果はこんな感じだった。


《竹森5匹、深谷5匹、計10匹》

帰港し、計量が始まっていた。


《さすがに今回は、賞品GETは難しいなぁ…。》

そして表彰式が始まった。

賞品をGETできる上位3人が発表された。


僕の名前はなかった‥‥。


《やはり、そんなに甘くはないですな。。》


続いて大物賞の発表である!!

こちらは1名のみの発表である。

最後に釣った1匹に微かな期待…

発表された…

僕ではなかった…

サクラチル…




主催者:「○○さんは総合1位で賞品をGETしてますので、2位の方を発表します!」


キターー!!


膨らむ期待…

発表された…

僕ではなかった…

サクラチル…




主催者:「○○さんも総合2位で賞品をGETしてますので、3位の方を発表します!」


竹森:「!?」


主催者:「3位、竹森さん。」


キターー!!!!


《高そうな枝豆をもらった!これ、マジで旨かった!!》

形はどうあれ、今回も賞品をGETした!!




●まとめ

やっぱりカワハギ釣りは面白い!!

条件的にはだいぶ悪かったが、初心者の人でも釣れてましたし。

難しいと言われる釣りでもあるが、教えてもらった通りやればそんなことはない。

十分に初心者でも楽しめる釣りだと思うので、是非チャレンジしてみてほしい!


201110162052000.jpg
食べてもおいしい、カワハギですから(^^)


JUGEMテーマ:フィッシング



コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
flamingo   ameblo-takemori   youtube-turiki-fishing   owaraitv
Powered by
30days Album