釣り記ロゴ【投稿】釣り川柳 5/5

Category - 企画

釣り記ロゴ総評

竹「久々でしたが、やってみてどうでしたか?」
深「なんか、ぼくのプレゼンの仕方が重要だなと」
竹「そうですね。徒党を組んで立ち向かって来て欲しいですね」
深「・・・」

竹「ま、何よりたくさん投稿してくれてありがたいですね」
深「そうですね」
竹「すべては紹介できなかったんでしょ?」
深「そうですね、そういう方は次回がんばっていただいて」
竹「『上から深谷』だ」
深「わからないです」
竹「いいよ放っといて」

深「竹森さんはどうでしたか?」
竹「もっと、韻を踏んだような作品があるかと思いましたね」
深「と言いますと?」
竹「『わ!釣れた! 愛しのあの子の ラブレター!』とかね」
深「ん?」
竹「『れた』と『レター』みたいな」
深「ああなるほど」
竹「思いが通じてってことですね」
深「心とラブレターが釣れたんですか」
竹「いいでしょ」
深「いいですね」
竹「じゃ、東京都の竹森さん8pt!」
深「断トツじゃないですか・・・」
竹「ま、いいんじゃないですか、『2』の出だしとしては」
深「いいんですか?」
竹「この八百長感がね」
深「選ぶ人が作ったら、選ぶ人が優勝しますよ」
竹「そんなことないですよ!審査は公平にしますよ」

深「まあでも、採点の傾向がわかりましたね」
竹「そうですか?」
深「ロックとか、モダンとか、かわいげとか」
竹「そうね、別にきれいにまとめなくてもいいしね」
深「きれいにまとめるの嫌いですもんね?」
竹「そういう言い方すると俺が歪んでるみたいじゃん」

 

釣り記ロゴ第1回「釣り記であそぼ2」結果

・8pt:東京都の竹森さん
・5pt:comme caさん、他
・4pt:鯛公望さん、他
・3pt:魚弱さん、他
・2pt:るああさん、他
・1pt:BOSEさん、他

*集計まちがいございましたらご指摘ください。何事もそのまま信用してはいけません。

 

釣り記ロゴ次回のお題

深「次回のお題はどうしましょうか?」
竹「川柳ですよ」
深「また川柳なんですね・・・」
竹「プレゼンする側としてはどうですか?」
深「お題からちょっと離れた作品の得点がいいので、広がりのある話題がいいですね」
竹「なるほどね」
深「こんなこと言うと、お題無視の回答が続出するかもしれませんね」
竹「そうかもね」
深「でも、お題無視が多くなると、ストレートな作品の方が高評価かもしれませんね」
竹「そういう流れもあるかもね」
深「あまのじゃくですからね」
竹「ぼく、あまのじゃくですよ」

深「で、お題ですが・・・」
竹「『こんな海 ◯◯◯◯◯◯◯ ◯◯◯◯◯』は?」
深「もう釣りでさえないですね・・・」
竹「じゃ『アジとサバ ◯◯◯◯◯◯◯ ◯◯◯◯◯』は?」
深「ぼくみたいな初心者には、難しそうですね」
竹「そっか・・・」
深「それに、尖閣諸島の人が送れないかもしれませんよ」
竹「『アジとサバ そんなことより 尖閣諸島』」
深「できましたね!」

竹「お題難しいね・・・」
深「前までは、毎回、お題の意図がありましたよ」
竹「え?」
深「ちゃんと考えてお題出してるんだよ!みたいなことを言ってましたよ」

竹「今回だってあるよ!」
深「あったんですか?」

竹「僕らが釣りから遠ざかっているということで、『わ!釣れた!』っていうストレートな喜びを・・・」
深「はい」
竹「思い出す」
深「・・・」
竹「・・・」
深「・・・」
竹「思い出させてもらう・・・」
深「他力本願・・・」
竹「今回は、釣れたときの感覚を思い出させてもらったから・・・」
深「はい」
竹「次回は、釣りに行く時の感覚を思い出させてもらうような・・・」
深「はい」
竹「『海』の字を使った川柳にしましょ!」
深「広すぎません?」
竹「海だけに・・・だ」
深「・・・」
竹「やっべー・・・最後にやっちまった・・・」

 

釣り記ロゴ来月のお題:『海』の字を使った川柳

*来月の投稿規定は、来月1日に発表します→コチラから