釣り記ロゴ釣行れぽ【初心者が千葉白浜沖で船釣り】(2/3)

Category - レポート, 釣り

釣行レポートに挑戦してみた-第2回-

どうも、深谷です。

前回にひきつづき、

宮谷pと行った釣りレポをお送りしたいと思います。

 

沖に連れてかれた・・・

約20分の豆アジ釣りを終え、

沖での大物釣りに移動したわれわれ。

「泳がせ」という釣り方で、

さっき釣ったアジに針をつけ、エサとして泳がせるのですね。

 

しかし、船長さんの

「でもこのアジもうまいよ!」

ということばが忘れられず、

私はエサ用イワシ(お亡くなりになったイワシ)を使うことしました。

アジがもったいないですからね。

shirahama
*エサ用イワシ

 

根魚釣りとは糸電話

その後、私は根魚釣りに挑戦。

根魚というのは、海の底に住んでいる魚のことです。

釣り糸を海の底まで垂らして、根魚を誘います。

 

初心者なりの妄想が許されるならば、

根魚釣りとは糸電話だと思いました。

 

釣り糸は、オモリが付いているので、常にピンと張っていますが、

オモリが底につくと糸がたるみます。

そこでサオを上下させると、

オモリで海の底をトントンとたたくことができます。

 

まったく見えない水深30〜40mの世界の感触が、

か細い釣り糸を伝ってサオに届く。(だから糸電話ね)

この感触はなんとも不思議!

shirahama

 

その後

調子に乗って海の底をトントンたたいていると、

根がかりしてしまいました。。

 

根がかりとは、海の底や海藻に釣り針がひっかかってしまうこと。

ゴルフで言ったら、バンカーに入れてしまうようなミスでしょうか。

 

要は地球を釣ってるようなものなので、

ときには海に引き込まれそうなくらい引っぱられます。

 

私は何度も根がかりしてしまったのですが、

根がかりしたことを周りに悟られないように(なぜそうしたか不明)、

さりげなく、しかし強く糸を巻き上げました。

そしたら、なぜか魚がついていたのでした。。

 

こうして釣られた不運な魚たちはこちら↓

shirahama
shirahama

上の写真がハタ。下がカサゴです。

 

ハタは、前日夕食に入ったお店で、

「一切れ1000円する魚だけどサービスでつけといたよ」

と、なかば脅されて食べた魚。

本当に高級魚なのかどうかは知りませんが。。

 

そして私はこの大物3匹で、

船で一番釣った人に贈られる「サオ頭」を襲名してしまいました。

初心者でも1等賞をとってしまうのが釣りなんですね。

 

「サオ頭」になると、翌日の新聞に小さく名前が載ることも。

shirahama

よくわからぬままに新聞デビューしてしまった私でした。

 

釣行を終えて

宮谷p率いる「釣り記別働隊」(ゲストさんと宮谷pと私)の釣果はこちら↓

shirahama

中でも、宮谷pの釣ったヒラメが光っています。

 

写真の中にペットボトルなど日用品を置いて、

魚の大きさをわかりやすくするのは、

竹森さんから盗んだ技です。

私が唯一、竹森さんから盗んだ技です。

 

ということで、今回は人生初の釣りレポに挑戦してみました。

それではまた来週。

@深谷

p。s。
今回の釣行を動画にまとめてみました→その(3)へ